ゲレンデSlopes

スキー場の安全について

パトロール

私たち白馬五竜スキー場は、お客様が快適かつ安心してウィンタースポーツを楽しんでいただけるよう、以下のような安全対策を行ないつつ、いくつかのルールを設定し、スキー場を運営しています。

スキーパトロール隊

主な業務
  • 営業開始前の各コースの安全確認
  • 事故防止設備(ネット、ロープ、マット等)の整備
  • 営業時間中の巡回・巡視
  • 傷病者の応急手当・搬送
  • 営業終了後の各コースの確認
  • 雪崩対策作業(テストスキー)
パトロール隊 詰め所

パトロール隊

白馬五竜パトロール本部:ゴンドラテレキャビン山頂駅1F

パトロール隊

白馬五竜パトロールとおみベース:ゴンドラテレキャビンとおみ駅1F

パトロール隊 制服
パトロール隊 制服

営業時間内は上記2ヶ所の詰め所に隊員がいます。また、巡回などで各コースにも隊員が活動しています。赤と黒のユニフォームを着用しております。ご用の際にはお気軽に声をかけてください。

事故・ケガなど緊急の場合

事故・ケガ等が起きたら

もし、お客様の近くで事故・ケガ等が発生した場合は、一番近くのスキー場スタッフにその通報をしていただくよう、ご協力をお願いいたします。

  1. 事故・ケガがあった場所、ケガされた方がいる場所例:○○コースの真ん中、○○コースの上から見て右側等
  2. ケガされた方の名前・性別・年代
  3. ケガされた方はスキーかスノーボードか
  4. ケガされた方が着用されているウエアの色(上・下)
  5. ケガの状態(ケガをした部位・出血など)

通報の際、上記5つを出来るだけ正確に伝えていただけると、より迅速に現場発見、そして救助に繋がります。常にパトロール隊員が巡回していますが、事故・ケガを知る一番はお客さまからの通報です。ご協力をお願いいたします。

緊急時の通報先
  • 白馬五竜アルプス平ゲレンデ・とおみゲレンデにいる場合
     … 0261-75-2101
  • 白馬五竜いいもりゲレンデにいる場合
     … 0261-75-2636
  • Hakuba47内にいる場合
     … 0261-75-3533
パトロール隊
二重事故を起こさないために

写真の様に現場表示してもらえるとさらに分かりやすく、二重事故も防げると思われます。お連れの方、協力者の方が誘導していただければなお良いと思います。

スノーボードの方は板が立てられないですが、頭の片隅に入れていただくと非常にありがたいことです。

ゲレンデ内 安全管理

安全管理
未然に事故を防ぐ為に

お客様の安全を守る為に、コース各所にネットやロープ、標識、看板等で注意喚起や警告、案内をしておりますので、表示に従って頂くようお願いします。当スキー場では滑走禁止エリアを設定しております。立ち入り禁止エリアを表示した標識・ネット・ロープの外は雪崩や遭難などの重大事故につながる危険がある為、絶対に立ち入らないようお願いします。

また、アルプス平ゲレンデからとおみゲレンデへの下山可能コースは、中級レベル以上のコース設定のみとなっています。初心者向けの迂回路はありません。初心者の方には看板の案内に従いテレキャビン下り線をご利用されることをおすすめしています。

フラッグ類 解説

フラッグ解説

立入禁止スキー場敷地境界線、雪崩誘発防止の為の滑走禁止エリア
境界線、リフト線下など、一般の滑走者の侵入を禁じている箇所の境界に設置。

フラッグ解説

合流注意コース合流地点付近にて、減速や周囲の確認を促す為に設置。

フラッグ解説

STOP斜度変化や大きめの段差がある箇所の上部に、減速と注意を促す為に設置。

テストスキー(人口雪崩誘発作業)

テストスキー

パトロール隊員が営業時間前に滑走禁止エリアに入り、人工的に雪崩を起こす作業です。

白馬五竜スキー場の滑走禁止エリアは雪崩が起きやすい地形になっていて、営業中に雪崩が発生した場合は、コース上に雪崩が流れ込み、一般のお客様を巻き込む危険性がある為、それを予防し安全性を高める為に行なう作業になります。

自然発生等の雪崩で、お客様が巻き込まれない様、営業開始前のお客様がいない早朝より作業を開始しています。作業エリアは全部で20箇所以上におよびます。前日の降雪予報などを考慮し、雪崩の危険性が高いと判断した時は、早朝からこのエリアに入り、スキーカットや花火等で人工的に雪崩を起こしています。 多くの隊員を出動させ一度に雪崩を起こすと、隊員が巻き込まれる危険性もあることから慎重かつ確実に作業を行っています。 お客様の安全を第一に、そして1分でも早く営業開始できるよう、隊員一同取り組んでいます。

また、営業時間中に多量の降雪がある場合や、雪崩れる可能性が高くなった場合は、日中に作業を行う場合があります。

テストスキー

近年多くのスキーヤー、スノーボーダーが新雪を求めて、滑走禁止エリアに立ち入ってしまう事案が発生しています。滑走禁止エリア内で雪崩を誘発させてしまうと、他のお客様を巻き込んでしまう可能性がありますので、ルールを遵守していただくようお願いします。

スキー場のルール

当スキー場をご利用される滑走者の方は、以下のルールを守って頂くようお願いします。

ALPINE / RESPONSIBILITY CODEスキー場内における行動規則

各個人がスキー場での危険に対する認識・意識を高める事で、事故・怪我・危険を減らすことが出来ます。 冬山では雪が積もり様々な道具で楽しむ事が出来ます。道具に関係なく、自然の冬山の中での楽しみだという認識をして頂き、常に次の事柄を遵守して頂きますようお願い致します。また以下の項目は、ほんの一部でしかありません。 他の滑走者との貴重な時間の為に、心遣いと責任の共有をお願い致します。

  1. 常に人や障害物を回避したり停止できるスピードで滑走すること。
  2. 前方または下方に滑走者がいる際は、その滑走者を尊重すること。
  3. コースに留まり、他の滑走者の妨げになったり、上方から見えないような箇所では止まらない。
  4. 滑りはじめる前や、コースに合流する際は、必ず上方確認をすること。滑走者がいる場合は通り過ぎるのを待ち滑走をはじめる。
  5. 衝突や事故・怪我をしたり目撃した際は、近くのスキー場スタッフに連絡する。場合により協力者を探し連絡してもらい応急手当を行う。
  6. 常に正しく調整され、流れ止め機能が働く道具を使うこと。
  7. 看板・標識・警告・設置物に従うこと。
  8. 閉鎖されているコース・エリアには絶対に立ち入らないこと。
  9. 飲酒・薬の影響や体調の不具合で身体能力が損なわれている場合は、リフト・ゴンドラを利用しない。
  10. リフトを利用する前に乗り方・降り方の知識と技術を習得すること。

以上の滑走者責任義務を理解し、常に安全を意識してください。それはあなたの責任です。

10 FIS RULES国際スキー連盟(FIS)による10のルール

10 	fis rules 拡大表示

白馬ルール

白馬村内の各スキー場にて適用される共通のルールです。

白馬ルール 拡大表示

滑走禁止エリア

当スキー場は、以下の通りの立入禁止及び滑走禁止エリアを設定しています。

滑走禁止エリア 拡大表示

上記のゲレンデ鳥瞰図の赤と黄色で塗りつぶされた部分が立入禁止及び滑走禁止エリアです。ロープやネット、標識を超えて禁止エリアで滑らないようお願いいたします。

※赤色の区域は、大規模雪崩を誘発する危険がある為、たとえ登山口から出ても滑り込まないようにしてください。

スキー場内の「滑走禁止エリア」は雪崩がゲレンデ内に流れ込み重大事故につながる可能性があります。どのような理由があれ滑走は禁止となっております。 「滑走禁止エリア」を滑ったお客様は、危険行為をしたことにより、リフト券没収の上、退場していただきますので、ご理解をお願いいたします( 参照:白馬ルール)。

※滑走禁止エリアのシュプールは当社のパトロールが安全点検の為に滑ったものです。

滑走可能エリアかどうかの判断に迷った時は自己判断せずにパトロールまでお尋ね下さい。

過去にお客様がロープを潜り滑走禁止エリアに入って雪崩が発生

雪崩は雪の層で50cm、横の長さが50m、距離が200mぐらいでした。お客様はリフトの支柱につかまって、流されずに助かりましたが、もう少しで大事故になるところでした。この場所は、朝パトロールがスキーでカットしたところですが、危険な為にロープやフラッグなどで、規制をしている所でした。

白馬五竜スキー場は上部で雪崩が発生すると全てウッディコースに雪崩れていきます。ロープやフラッグがあるところは、本当に危険なところです。このような場所には、絶対に入らないようにしてください。
また、アルプス第4ペアリフトを降りて左側に滑り込んだところにロープが張ってあります。このロープの外側(南~南東側)は滑降禁止区域になっています。安易にコースに戻れるために多くの方がロープを潜り滑走しています。直接、雪崩はコースに出ないのですが、雪崩の非常に多い所で、下には宿泊施設が多くあり、重大事故につながる危険性が高い所で滑走禁止になっています。 自分だけの楽しみのためにルールを守らず、他の大勢の人に迷惑をかけてしまう可能性がある事を考えて滑走してください。

捜索活動費用について

「滑走禁止エリア」進入禁止

「滑走禁止エリア」で救助・捜索活動が発生した場合は、理由の如何を問わずお客様に対し費用請求いたしますのでご了承ください。

費用単価 / 1時間あたり
パトロール隊 1名¥20,000
後方支援者 1名¥10,000
救助本部従事者 1名¥5,000
圧雪車 1台¥50,000
スノーモービル 1台¥10,000

バックカントリーで滑走される方へ

当スキー場からバックカントリーへ滑り込める入口は、アルプス第4リフト終点から、さらに上部に上がった看板より先(地蔵の頭より上部)からとなっています(下の地図の登山口)。登山口には以下のような案内看板が設置されています。

不明な点があれば、スキーパトロールに問い合わせてください。

バックカントリー 拡大表示

注意

これより先はスキー場管理区域外となります。安易に立ち入らない事。ビーコン・ショベル・プローブ等を携行し、入山される際は自己の責任において行動して下さい。

  • PM2:00以降の入山はご遠慮下さい。
  • スキー場の営業時間外は、当スキー場への立ち入りを原則禁止させていただきます。
  • 下山の際にスキー場コース内に戻られる方は、スキー場の営業時間内に戻られるようお願い致します。
  • 気象条件により入山をご遠慮いただく場合があります。その際は、パトロール等スキー場スタッフの指示に従うようご協力お願い致します。
  • スキー場から見えるような滑走痕は極力つけないようにしてください。

白馬五竜スキーパトロール

※ゲレンデ内(地図の青色エリア)から、ロープ等を無視してのバックカントリーエリアへの進入はもちろんの事、登山口から進入してもゲレンデから見える位置に滑走痕が残るルートを取ることは極力避けていただくようお願いします。

ゲレンデ内から安易にバックカントリーへ滑り出せる位置に滑走痕が残ることにより、他のお客様へ大きな影響を与えてしまいます。装備、知識、経験を持たないお客様を誘惑する恐れがあり、雪崩事故や遭難などの重大な事故につながる可能性があるためと考えているからです。

バックカントリーを滑走される方は、これらのルールを守り、しっかりとした準備をして、登山届を提出し、自己責任の上で行動して下さい。(登山届けは“ゴンドラテレキャビンとおみ駅”か“アルプス平駅”にて提出できます。)

また、スキー場営業時間外、期間外のスキー場内への立ち入りは禁止となります。
営業時間外は雪上車両によるコース整備作業等が行われており、ゲレンデ内の進入は非常に危険です。営業時間外にどうしてもゲレンデを使用して下山せざるをえなくなった場合は、スキー場事務所(0261-75-2101)に連絡の上、指示に従って下さい。

ゲレンデ内でのソリなどの滑走遊具の扱い

ソリやプラスチック製のスキーなどは、とおみゲレンデ下部のエスカルプラザ前にある、ソリ専用エリア(キッズエリア)にてお願いします。

※ソリ、またはそれに類似するものを持ってのリフト乗車はご遠慮いただいております。

リフトに乗車しゲレンデを滑走する用具として、当スキー場が許可させていただいているものは、「金属のエッジがつきスピードコントロールできる物」、「滑り止め用の機構やリーシュコードが付いている物」に限らせていただいています。
また、上記の条件を満たしていても、構造上の理由で滑走中の視界が狭くなる物や急停止が難しいと考えられる物もご遠慮いただいています。
滑走可能かどうか判断に迷いましたら、パトロールまでお問い合わせください。

ゲレンデ滑走可能用具 一例
スノーモト

スノーモト

ポールボード

ポールボード

デュアルボード

デュアルボード

スノーバイク

スノーバイク

ゲレンデ滑走不可用具 一例
スキーボッカール

スキーボッカール

スノーレーサー

スノーレーサー

バランサー

バランサー

雪板

雪板

スノースケート

スノースケート

SWAKY

SWAKY